鼻炎用点鼻薬ナファゾリンについて

ナファゾリン(naphazoline)は1940年代にドイツで開発され、日本では1953年から発売されています。血管平滑筋のα-アドレナリン受容体に作用して血管を収縮させる働きがあり、血管収縮剤として利用される有機化合物で、一般的には塩酸塩として用いられています。また、鼻粘膜の血管を収縮させ、鼻粘膜の充血や腫れの緩和を期待して、鼻炎用点鼻薬に配合される。あるいは結膜を通っている血管を収縮させて目の充血を除去することを目的として、眼科用薬に配合されています。医療用では「プリビナ液」が代表品です。私の場合、最近使っている新しい点鼻薬メタスプレー点鼻薬、1本¥1,215円で、もっと安いです!

ナファゾリン(naphazoline)の効果

普段目に炎症が起こると、充血を生じることがあります(表在性充血など)。この治療を行うとき、充血が起こった原因を取り除く必要があります。ただ、充血している状態をそのまま放置するのではなく、血管を収縮させて素早く症状の改善を図ります。そこで、ナファゾリン(naphazoline)が使用されます。
また、風邪や花粉症などを発症している状態では、鼻粘膜が腫れています。この腫れによって鼻が詰まり、空気の通りが悪くなります。そこで、血管収縮薬によって腫れを取ってしまえば、鼻づまりを改善させることができます。
このように、ナファゾリン(naphazoline)の効果は主に「目の充血(表在性充血)の抑制」と「鼻づまりの改善」の2つに使われます。使用してすぐに効果を実感できる薬であり、その作用時間も長いです。

ナファゾリンの注意事項

ナファゾリン(naphazoline)は、滞留時間が長いため依存性が非常に強く、刺激もあるため大量に投与してはならない。
また、ると鼻の粘膜の肥厚が発生し、ナファゾリンを使用してこれを抑えなければ呼吸ができなくなるという、身も蓋もない問題が発生する。ある種の離脱症状である。長期連用は避けなければならない。
ナファゾリン(naphazoline)はMAO阻害剤を併用すると、アドレナリン作動薬であるナファゾリンの昇圧作用がMAO阻害剤によって増強され、急激な血圧上昇を引き起こす可能性があり、最悪の場合、死に至る恐れもあります。

ナファゾリンの副作用

ナファゾリン(naphazoline)の作用としては、熱感、刺激痛、乾燥感などがみられます。大量に用いると、動悸や頭痛など全身的な副作用がでる可能性もあります。
また、ナファゾリン鼻炎用点鼻薬長期に続けていると、効き目が悪くなったり、かえって鼻づまりがひどくなります。医師から指示された範囲内で、必要最小限の使用にとどめましょう。
熱感、刺激痛、乾燥感、かゆみ、過敏症状
動悸、頭痛、めまい、血圧上昇、不眠、眠気(子供)
反応性の低下、二次充血..長期連用で効き目が悪くなる、かえって充血や鼻づまりがひどくなる

他の医薬品をおすすめ

女性発情媚薬はセックスの感度アップさせ、膣乾燥、性交痛などを改善する事ができ、惚れ薬とも言います。

ED勃起不全というのは英語の「ErectileDysfunction」の略で、「勃起機能の低下」を意味します。日本では「勃起障害」と「勃起不全」と訳されます。勃起が起こらない状況に限らず、勃起している陰茎の硬さと維持が不十分であることも含めます。つまり、「満足な性交がおこなえない状態」と定義されています。

バルシビルとは製薬大手のシプラが製造販売したバルトレックスのジェネリック医療品です。主成分であるバラシクロビル塩酸塩はヘルペスの増殖を抑え単純疱疹や帯状疱疹、性器ヘルペス、水痘(水ぼうそう)の治療に効果が期待されています。